ストーリー

30代半ばのミズエには余命幾ばくかの父がいる。

父が余命宣告を受けてからと言うもの、

ミズエのもとに母からの常軌を逸したメールが連日届く。

しかも兄の嫁は母との折り合いが悪く、

母に執拗に攻撃されているとミズエに相談してきている。

正直言うと、ミズエは辟易としていた。

何を言っても母には伝わらないだろうし、

ミズエは義姉のことも受け止めきれずにいる。

ミズエは孤独を感じていた。

だからどっちつかずの関係を持ってしまった男に連絡をする。

だが、彼は自分のことなんて興味ないのだとミズエは知っている。

それは離婚を話し合っている旦那もそうだ。

旦那はミズエが不在の際に、

家に知らない女を同情心から宿泊させ体の関係を持った。

ミズエはそれが許せなかった。

とある家族、余命幾ばくかの父。

その娘であるミズエが、

女3人の奇妙な共同生活を通して他者を許すまでの過程を描く。

「わたしたちは当たり前に他人を傷つけることができる。それをどこで許すか、それが大人になることだ」